大阪 藤井香雲堂
代表 藤井 正治
(本店)大阪府岸和田市南上町1-6-12
(BASE215)大阪市浪速区日本橋東2-1-5 内
072-422-1917
fujii-01@xc4.so-net.ne.jp

  『おもろいで!幕末尾張陶1 「御深井焼 ~尾張徳川藩窯~」』

大阪 藤井香雲堂

代表 藤井 正治
(本店)
大阪府岸和田市南上町1-6-12
(BASE215)
大阪市浪速区日本橋東2-1-5 内 
072-422-1917
fujii-01@xc4.so-net.ne.jp

 

おもろいで!幕末尾張陶1
御深井焼
~尾張徳川藩窯~

御深井焼
大名物藤袴模 筒茶碗

径9㎝ 高さ10.5㎝




御深井焼 瀬戸釉 水指

径13.5㎝ 高さ16.8㎝




加藤民吉
染付祥瑞向富士 平鉢

24.3㎝×16.5㎝ 高さ5㎝


 

御深井焼(おふけやき)

徳川御三家の筆頭である、尾張徳川家の御庭焼。濫堀を禁じられ、城に秘蔵されていた祖母懐の土を使い、尾張徳川家の初代義直が御庭焼として名古屋城・外御深井御庭に寛永年間(1622~1644)に開窯。
次の光友の時代は前期の最盛期で、尾張では御深井焼以外にも横須賀御殿で、江戸では戸山御殿でそれぞれ新たに御庭焼が始められた。

その後八代宗勝まで断続的に続けられたが、九代宗睦の代で緊縮財政の為一時中断。
十代斉朝の文政年間(1818~1829)頃に再稼働し、茶の湯に熱心だった十二代斉荘公時代に最盛期を迎える。

斉荘は裏千家11代玄々斎に出仕させ茶事を学び、伝来の名品や贈答用の御庭焼への箱書をさせて重用した。これは玄々斎が三河奥殿藩主松平家から裏千家へ養子入りしており、尾張藩家老の渡辺規綱は実兄であること、斉荘が藩主に就任したとき(天保10年1839)規綱の長男寧綱が家老になっていたことに関係する。

名古屋城内では御深井焼以外に楽焼の萩山焼、布池の下屋敷では東山焼が新たに作られ、江戸藩邸では戸山焼の復興と、加えて楽々園焼も始められた。
斉荘の没後は江戸藩邸のやきものは廃窯になり、御深井焼・萩山焼も断続的に焼成されるのみで、明治4年に全て廃窯となる。
 
「前期」御深井焼では藩主及び、藩の献上品・贈答品・城内調度品などが制作され、「後期」御深井焼ではそれに加えて、藩主自らの手造りや家臣・有力商人等への下賜品が作られるようになる。

出仕したのは、前期は瀬戸の御窯屋三人衆である加藤唐三郎・仁兵衛・太兵衛家と御焼物師 加藤新右衛門・三右衛門家で、義直が美濃より招聘し瀬戸の再建の為に擁護した家である。

「後期」御深井焼ではこれらの加藤家と新たに新製染付焼の加藤唐左門・川本半介らが参加し、さらに藩士平沢九朗や正木惣三郎、大橋秋二など医師・文化人などによる余技陶工として名を馳せた者たちも参加する。これは大窯業地を控えた名古屋城下独自の様相である。
尾張徳川家の数ある名品の数々を写すために尾張陶工界のトップレベルの技術の投入され、作品の質や趣きの深さは他地方には見られない独自の魅力に溢れている。


年表

御深井焼 寛永11年以降開窯 明治4年廃窯

十代藩主 斉朝 在位 寛政12年1800年~文政10年1827年
十二代藩主 斉荘 在位 天保10年1839年~弘化2年1845年

加藤民吉 明和9年1772生~文政7年1824没
享和元年1801新製焼開始 
文化元年1804~九州へ磁器製造の技術修得に赴く 
文化4年1807瀬戸へ戻り、染付磁器製作法を完成させる