後藤紙店
代表 後藤 清七
岐阜県岐阜市六条片田1-15-3
058-274-6055
gokami@iris.ocn.ne.jp

後藤紙店

代表 後藤 清七
岐阜県岐阜市六条片田1-15-3
058-274-6055
gokami@iris.ocn.ne.jp

 


加藤 栄三
「鮎」

12号
加藤東一鑑定 シール


1906年(明治39年)- 1972年(昭和47年)
岐阜市に生まれ東京美術学校日本画科に入学し卒業後も同学年の東山魁夷、橋本明治、山田申吾らと共に日展を牽引しました。
岐阜公園内に加藤栄三・東一記念美術館があります。加藤東一は栄三の弟にあたります。

1929年(昭和4年)  第10回帝展「夏目小景」初入選
1931年(昭和6年)  東京美術学校卒業後に結城素明に師事をした
1936年(昭和11年)  文展に出品した「薄暮」で文部大臣賞を受賞
1959年(昭和34年)  前年の日展出品作「空」で日本芸術院賞受賞
1969年(昭和44年)  日展理事となる




棟方 志功
「白頭巾の柵」

16.8×13.2㎝
棟方志功鑑定登録会


1903年(明治36年)~1975年(昭和50年)
版画を板画と称し独自の世界を築き上げ、その自由奔放に彫られた志功の作品は、すべての人々の心に自然と人間の生命の逞しさや美しさを印象付け、現在も多くの人に親しまれ愛され続けています。世界的な版画家であり文化勲章も受章しています。
今作は両親敬う棟方志功がお母さんを思い制作された人気の作品です。直線と曲線の絶妙のバランスで構成されています




篠田 桃紅
「葛の花」

25.0×65.7㎝
共箱


葛の花 踏みしだかれ
て 色あたらし
この山道を行きし
人あり
(折口 信夫 「釈迢空」作)

1913年(大正2年)~2021年(令和3年)
5歳の時(本籍は岐阜)、父の手ほどきで初めて墨と筆に触れ、以後独学で書を極め文字を解体し、墨で抽象画を描き始めました。
1956年渡米し、ニューヨークを拠点に全米各地で個展を開催しています。58年に帰国して後は、壁画や壁書、レリーフといった建築に関わる仕事や、東京・芝にある増上寺大本堂の襖絵などの大作制作の一方で、リトグラフの制作、そして100歳を越えてからも随筆を手掛けるなど、活動は多岐にわたりました。




出口 雄樹
「蓋世」

2022年
53.0×45.5㎝


1986年福岡県生まれ
2013年東京藝術大学大学院美術研究科絵画専攻修了
大学院修了後渡米し、NYを中心としてアメリカ、日本、フランス、ポーランド、インド、韓国、中国、台湾などで作品を発表し、2019年末より京都に拠点を移し活動を行っています。
星野源のCDジャケットのアートワークも担当しました。