茶道具商ながさか
代表 永坂 正行
名古屋市中区錦二丁目16-12
052-231-3053
info@chadougu-nagasaka.co.jp

茶道具商ながさか

代表 永坂 正行
名古屋市中区錦二丁目16-12
052-231-3053
info@chadougu-nagasaka.co.jp  

 

釘彫伊羅保茶碗

径14.7×高さ7.5㎝


腰を強く衝いた姿が格別に良い釘彫伊羅保茶碗。
細かい轆轤目や石ハゼ、口辺のべべら、割高台内の釘彫等見所も豊富。
釉はよく溶けて総体に赤味にあがっている。



伝 藤原為家筆 姫路切

森川如春庵箱
関戸家伝来
(昭和十年関戸家入札目録所載)
長さ150.0×横37.5㎝


          ゆうがおの女君
心あてに それかとぞ見る たそがれに
光そへたる 夕顔の花

「光」は光源氏を指す。「心あてに」はあて推量のこと。
きっとその花だろうと見当をつけています。たそがれ時の光を添えて輝く夕顔の花を。
源氏物語巻四 夕顔



一尾伊織共筒茶杓
銘 トモスリ

尾州徳川家伝来


一尾伊織は細川三斎に茶を学び、一尾流の祖となる。茶杓・花入造りの名人として知られる。尾張家二代徳川光友は伊織に茶を学ぶ。
トモスリは木の葉などが互いにすれあうこと。